ペットと飼い主を繋ぐ|ドッグフードを購入する際は評判を参考にしましょう

ドッグフードを購入する際は評判を参考にしましょう

ペットと飼い主を繋ぐ

遺影

亡くなっても家族の一員

ペットが亡くなった後の対処方法はいろいろありますが、昔はよく自宅の庭に埋葬したり自治体に頼んで焼却したりという方法がとられていたものが、最近では供養をするという考え方が広まっています。ペット供養を考える場合、多くは業者による火葬が行われます。また、その後は霊園や納骨堂にお骨をおさめたり、返骨してもらって自宅で供養したりする流れになります。ペット供養を利用する理由は、亡くなった遺体の処理を任せることができるところにあります。供養業者に任せればきちんとした手順をふんで供養され、精神的に落ち着く時間を得ることがでます。また人間と同じように供養することでペットは大切な家族の一員であるという意味合いを持たせることができるため、それもペットを失った心を穏やかにさせる要因のひとつとすることができます。

供養方法を考える

どのようにペット供養を行うかによって、依頼する業者の種類もかわります。亡くなってすぐは自宅に安置する場合が多いですが、その後火葬を考えるなら業者に遺体を引き取りにきてもらう必要があります。また自宅近くで火葬してくれる移動火葬を行う業者もありますので、自宅環境や生活スケジュールを考慮して決めていきます。合同火葬の場合は費用が抑えられますがお骨も合同になるため返骨はされません。個別に供養したい場合や自宅にお骨を持ち帰りたい場合は個別火葬を選びます。自治体に依頼すると廃棄物として扱われるため、ペット供養を考える場合には業者に依頼されるケースが多いです。ペット供養に決まりはありませんので、ペットが亡くなったあとも家族の一員として温かく見守れるよう、供養方法もペットや飼い主に寄り添ったものが増えています。